紅麹で有名になったファンコニー症候群って知ってますか?

小林製薬の「紅麹」を含む健康食品を摂取した人々 が、腎臓機能障害の一種である ファンコニー症候群 を発症していることが問題になっています。

日本腎臓学会の調査 では、報告された患者のほぼすべてでファンコニー症候群が確認されました。

患者を診察した専門医は、最近までこれらの健康食品を摂取していた人 に対し、症状が残っている可能性があるため、検査を受けるよう呼びかけています。

ファンコニー症候群 は、腎臓の機能に影響を与え、さまざまな健康上の問題を引き起こす可能性があります。

症状としては、増加排尿、脱水、疲労、筋肉の弱さなどが挙げられます。

検査 は、血液検査や尿検査によって行われます。

治療 は、原因によって異なりますが、輸液療法、電解質補充、薬物療法などが行われます。

ファンコニー症候群を詳しく

ファンコニー症候群は、腎臓の近位尿細管が損傷して発生する状態です。近位尿細管は、血液から水分、塩、糖、アミノ酸を再吸収する腎臓の責任ある部分です。ファンコニー症候群になると、これらの物質は再吸収されず尿中に排泄されます。これにより、さまざまな健康上の問題が発生する可能性があります。

ファンコニー症候群には、次のような多くの原因があります。

ファンコニー症候群の原因

遺伝性疾患: ファンコニー症候群を引き起こす可能性のある遺伝性疾患は多数あります。最も一般的な遺伝性原因は、シスチン症、デント病、低ホスファターゼ症です。
毒素: いくつかの毒素、重金属、カドミウム、水銀など、ファンコニー症候群を引き起こす可能性があります。
薬: いくつかの薬、テノホビルやシスプラチンなど、ファンコニー症候群を引き起こす可能性があります。
感染症: いくつかの感染症、敗血症や腎盂腎炎など、ファンコニー症候群を引き起こす可能性があります。
がん: いくつかの種類のがん、白血病や多発性骨髄腫など、ファンコニー症候群を引き起こす可能性があります。

ファンコニー症候群の症状は、原因と重症度によって異なります。一般的な症状は次のとおりです。

ファンコニー症候群の症状

・増加排尿
・脱水
・疲労
・筋肉の弱さ
・発育障害
・骨痛
・発作
・意識喪失
ファンコニー症候群の診断は、病歴、身体検査、血液検査、尿検査に基づいています。尿検査では、ブドウ糖、アミノ酸、電解質などの物質が過剰に排泄されていないかどうかを確認します。血液検査では、腎機能や電解質レベルをチェックします。

ファンコニー症候群の治療は、原因によって異なります。治療には、次のようなものがあります。

・輸液療法
・電解質補充
・薬物療法
・遺伝子治療
・腎移植
ファンコニー症候群の予後は、原因と重症度によって異なります。治療しなければ、ファンコニー症候群は腎不全やその他の深刻な健康上の問題を引き起こす可能性があります。

 

最近まで小林製薬の「紅麹」を含む健康食品を摂取していた方 は、ファンコニー症候群を発症していないか、念のため医療機関で検査を受けることをお勧めします。

 

 

関連記事

  1. ビタミンの過剰摂取は身体に悪いの?

  2. サプリメントは肝臓に良くないのは本当?

  3. 医者はサプリメントが嫌い?

  4. サプリメントの摂取による死亡例

  5. ミネラル類の過剰摂取による副作用とは!

  6. サプリメントと医薬部外品の違いは何ですか?