サプリメントと医薬部外品の違いは何ですか?

サプリメントと部外品は、どちらも健康維持や増進に役立つ製品ですが、いくつかの重要な違いがあります。

サプリメント

食品に分類される
栄養素や機能性素材を配合
医薬品と異なり、病気の治療や予防効果を謳うことができない
厚生労働省の許可は不要だが、成分や表示内容に一定の基準を満たす必要がある

部外品

医薬品と化粧品の中間に位置する
医薬品ほどではないが、一定の効能効果を謳うことが可能
厚生労働省の承認が必要

主な違い

項目 サプリメント 部外品
分類 食品 医薬品と化粧品の中間
効果効能 栄養補給、健康補助 一定の効能効果を謳うことが可能
承認 不要 厚生労働省の承認が必要
代表的な製品 ビタミンCサプリメント、コラーゲンサプリメント 育毛剤、日焼け止め、歯磨き粉

サプリメントと部外品は、それぞれ異なる目的で利用されます。

栄養素不足を補いたい場合は、サプリメントが適しています。

選び方

サプリメントと部外品は、それぞれ異なる目的で利用されます。

栄養素不足を補いたい場合は、サプリメントが適しています。
特定の症状や悩みを改善したい場合は、部外品が適しています。
いずれの場合も、製品の成分や効果効能をよく確認してから購入するようにしましょう。

注意点

サプリメントは、医薬品ではないため、病気の治療や予防には使用できません。
部外品は、医薬品ほどではないとはいえ、副作用のリスクがあります。
サプリメントや部外品を摂取する前に、医師や薬剤師に相談することが望ましいです。

 

 

関連記事

  1. サプリメントは肝臓に良くないのは本当?

  2. 機能性表示食品とサプリメントはどこが違うの?

  3. 医者はサプリメントが嫌い?

  4. タウリンの肝臓への効果は?

  5. ビタミンの過剰摂取は身体に悪いの?

  6. 紅麹で有名になったファンコニー症候群って知ってますか?